テイツー 大幅に続伸、20年2月期の営業利益予想を2.60億円に上方修正、中古商材注力で粗利確保/新興市場スナップショット

2020年4月10日 11:16

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:16JST <7610> テイツー 34 +8
大幅に続伸。20年2月期の営業利益を従来予想の1.20億円から2.60億円(前期実績2.02億円)に上方修正している。「古本市場」などの店舗で中古商材に注力し、粗利を確保した。経費削減活動による販管費の抑制も利益拡大に貢献する見通し。また、店舗など固定資産の減損損失0.68億円、法人税等調整額で0.41億円の利益を計上する。純利益予想は0.40億円から1.78億円(同1.08億円)に引き上げた。《HH》

広告

財経アクセスランキング