新型コロナ対策にトヨタがグループを挙げて支援 防護マスク生産など

2020年4月8日 07:10

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車(愛知県豊田市)は7日、新型コロナウイルスによる感染症拡大防止のため、医療用防護マスクの生産を開始するなど、グループを挙げて医療現場を支援すると発表した。また、生産体制の縮小が続く中、働き方や職場環境などを見直すとともに今後の競争力強化につながる改善活動や人材育成に取り組み、感染症の拡大収束後には復興を牽引していくとしている。

【こちらも】アイリスオーヤマがマスク増産体制へ 山本化学工業も販売に参入

 同社では、感染拡大の防止や医療現場への支援に向けて、自動車産業が持つノウハウや世界中に広がるサプライチェーンを活用できないかと検討。実施できるものから取り組んでいくことを決めた。このうち、医療用防護マスクの生産を行うのは愛知県豊田市にある貞宝工場で、週500個から600個の防護マスクを生産。医療機関へ提供していく。さらにグループ企業でも生産が可能か検討を行う。

 また、品不足が続いているマスクや衛生用品の確保に向け、自社のサプライチェーンを通じた医療用マスクや防護服、体温計などの調達を進める。このほか、自社の生産現場で使うマスクについては自給自足を目指して、自社工場などでの生産を行う。

グループ企業のデンソー(愛知県刈谷市)では、既にマスクの自主生産を決定。4月中の生産開始を目指して試作品の生産を行っており、軌道に乗れば1日10万枚の確保が可能になるという。トヨタ紡績(愛知県刈谷市)でも刈谷工場で1日1500枚の生産を開始し、順次増産を図っていく。アイシン精機(愛知県刈谷市)やダイハツ工業(大阪府池田市)、日野自動車(東京都日野市)でもマスクの自社生産を検討している。

 医療機関への支援としては、簡易ベッド台や簡易間仕切り、消毒液容器などの備品の生産に協力できないか、アイシン精機が調査を開始。人工呼吸器など医療機器の増産に向けても、トヨタ生産方式のノウハウを使った工程改善などに協力していく。

 トヨタでは豊田章男社長が「安全・安心を最優先に現地で戦っている方々、苦しんでいる方々の気持ちに寄り添い、私たちにできることを即断、即決、即実行していく」という方針を示し、日本国内だけでなく中国やアメリカ、ヨーロッパなど世界各地で支援活動を行っている。

 一方で、生産の本格的再開に向けて老朽設備の更新や生産設備の点検、働き方改革などにも取り組んでおり、「自動車産業が復興の先頭に立ち、経済の維持・発展に向けて貢献できるよう準備を進めていく」としている。

関連キーワードトヨタ自動車ダイハツ工業働き方改革デンソー日野自動車豊田章男新型コロナウイルス

広告

財経アクセスランキング