Microsoft EdgeのシェアがFirefoxを上回る

2020年4月4日 20:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Net Applicationsのデスクトップ版ブラウザーシェアデータ3月分によると、Microsoft Edgeが初めてMozilla Firefoxを上回って2位に上昇している(Computerworldの記事Softpediaの記事On MSFTの記事)。

Edgeのシェアは前月から0.21ポイント増の7.59%、Firefoxは0.38ポイント減の7.19%となっている。1位のGoogle Chromeは1.23ポイント増の68.50%Firefoxは過去1年間で大きくシェアを減らしており、2019年3月との比較では2.08ポイント減少している。Edgeは逆に増加傾向が続いており、2019年3月との比較では2.39ポイント増となる。

一方、StatCounterではFirefoxが9.25%(0.28ポイント減)で2位を維持しており、これにSafari(8.93%、0.40ポイント増)が迫る形となっている。Edgeは「Edge Legacy」と「Edge」に分けて集計されているが、合計でも4位(5.13%、0.23ポイント増)にとどまる。Chromeに関しては68.11%(1.14ポイント減)でNet Applicationsに近い数字となっている。Safariは昨年9月からシェアが大幅に増加しており、2019年3月との比較では2.47ポイント増加している。Firefox(0.33ポイント減)とEdge合計(0.57ポイント増)の増減幅は小さい。

ただし、Net ApplicationsではiPadOS 13のUser Agent文字列変更により2019年9月分~12月分でiPadがmacOSデバイスと認識されていたとして大幅な調整を行っているが、StatCounterで調整が行われた形跡はない。そのため、Safariの増加はiPadがデスクトップとして集計されたことが原因の可能性もある。なお、Net Applicationsのデスクトップ版Safariのシェアは2020年1月分(4.24%)を除く過去1年間は3%台(3月は3.62%)であり、StatCounterのデータとは大きな差がみられる。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | マイクロソフト | 統計 | インターネット | IT

 関連ストーリー:
Windowsバージョン別シェア1月分、Windows 7が25%を割る 2020年02月03日
Mozillaのベテラン開発者、10年前にはFirefoxは負けると考えていた 2018年06月12日
Microsoft曰く、Microsoft Edgeの月間アクティブデバイスは3億3千万台 2017年09月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleiPadMicrosoftChromeMicrosoft EdgeFirefoxMozillaSafari

広告