MVNO向けパケット接続料、ドコモを抜いてソフトバンクが最安に

2020年3月30日 18:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 いわゆる「格安SIM」を提供している事業者(MVNO)のほとんどはNTTドコモもしくはKDDI、ソフトバンク(MNO)の回線を利用してサービスを提供しているが、その際にMVNOが支払う回線使用料(パケット接続料)を3社が値下げする方針だと日経xTECHが伝えている。

 総務省は2020年度からパケット接続料の算定方法に「将来原価方式」を採用するよう求めており、これを受けてMNO各社は2022年度までのパケット接続料を公表する方針。日経xTECHによると、2020年度の接続料はNTTドコモが前年度16%減、KDDIが38%減、ソフトバンクは36%減との予測だそうだ。その結果、ソフトバンクやKDDI回線の接続料がNTTドコモ回線の接続料を下回ることになるという。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ビジネス | ネットワーク | 携帯通信

 関連ストーリー:
楽天モバイル、MNOサービスの料金プランを発表 2020年03月03日
公正取引委員会、大手携帯通信会社のMVNOへの接続料見直しを求める 2018年06月25日
ドコモのMVNO向けパケット接続料、大幅ダウンに 2014年03月26日
ドコモと日本通信の訴訟、争点は「余剰インフラ」運用コスト? 2012年05月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンク総務省NTTドコモ格安SIMKDDI

広告

広告

写真で見るニュース

  • 昨年公開されたRAV4 PHVの米国仕様である「RAV4 Prime」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ダイハツ「ロッキー」(画像:ダイハツ工業発表資料より)
  • RSプロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • Disk画像の一例 (c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース