中国、COVID-19流行でタブレットPCの需要が増加

2020年2月27日 19:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 headless曰く、

 中国では新型コロナウイルスによる疾病(COVID-19)の流行により、通常は売れ行きの鈍る季節であるにもかかわらずタブレットPCの需要が増加しているそうだ(DIGITIMES)。

 COVID-19の感染拡大を防ぐため、オフィスに勤務する人の多くが在宅勤務に切り替えており、オンライン授業を開始する学校も多い。これによりタブレットPCの需要は増しているが、ODM/OEMの生産能力は回復しておらず、品不足に陥っているという。

 営業を再開できない実店舗が多い中、タブレットPCの購入は主にオンラインストアを利用することになる。品不足を反映してオンラインストアでの価格も上昇しており、10.2インチiPadはApple Storeでの販売価格と比べて32GB版が200人民元高く、128GB版が100人民元高くなっているとのこと。なお、DIGITIMESの記事に記載されている価格は32GB版がApple Storeでの通常価格、128GB版がオンラインストアで値上がりした後の価格のようだ。

 ちなみに中国のApple Store実店舗は既に全42店舗中29店舗が時間を短縮して営業を再開しており、2月29日または3月1日から6店舗(上海3、昆明・広州・大連各1)では通常通りの営業時間(10時~22時)となる予定だ。なお、Appleの中国向けオンラインストアで10.2インチiPadの配達予定日を確認したところ、32GB版が1~2営業日後なのに対し、128GB版は2~3週間後となっていた。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | モバイル | ハードウェア | ハンドヘルド | 医療 | ノートPC | アップル | 中国

 関連ストーリー:
ファーウェイ、ロシア向けにタブレットを提供か。OSにはロシア製に「Aurora OS」を採用? 2019年08月31日
中国のインターネットユーザーは8億2,851万人 2019年05月17日
レノボ、PCやタブレット事業は好調でもサーバーなどの売り上げ減で減益に 2017年02月20日
GMOインターネット社長曰く、「在宅勤務による業績への影響はない」。一方で自宅に仕事ができる環境がない人の存在も課題に 2020年02月20日
在宅勤務って浸透してる? 2020年版 2020年02月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国AppleiPad在宅勤務新型コロナウイルス

広告