トヨタ自動車と豊田自動織機、ハイブリッド車用の新型電池を共同開発

2020年2月23日 19:19

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 トヨタ自動車と豊田自動織機は、急速な拡大が予想されるハイブリッド車(HV)の開発・市場投入に対応するために、HV用の新型電池を共同で開発し、トヨタのHVへの搭載に向け、今後、車種や電池の仕様・性能等について検討を進めていくと突然発表した。

 新型電池の製造は、増大するトヨタのHVの生産に対応していくため、豊田自動織機の愛知県大府市の共和工場ならびに愛知県知多郡の東浦工場の隣接所有地で生産を予定しており、今後、豊田自動織機はトヨタとともに供給体制の構築・強化に取り組んでまいります。

 豊田自動織機は1926年創業のトヨタグループのなかで本家と言える企業。トヨタの一部車種の生産、ディーゼルエンジン、カーエアコン用コンプレッサー、コンバータ、EV用充電スタンド等の自動車関連製品の開発生産、グループの自動倉庫システムの開発運用など、多岐にわたる事業を展開している。HV関連ではプリウス用DC-DCコンバータの生産なども行なっている。

 トヨタは昨年末にパナソニックと共同で、車載用角形電池事業に関する新会社の設立準備が完了し。合弁会社「プライム プラネット エナジー&ソリューションズ株式会社」の設立および合弁会社の概要が決定したと発表したばかりだ。

 トヨタは、今後も豊田自動織機を共同で、地球温暖化の抑制に向けたCO2排出量削減に、トヨタグループとして貢献するために、電動車の普及を支える技術や商品開発を推進していくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
トヨタとパナソニック、車載用角形電池事業に関する合弁会社の設立を決定
世界最大のカーエレクトロニクスの祭典。世界初の給電タイヤなど未来を超えた未来の技術
日産、EV「リーフ」をマイナーチェンジ、「プロパイロット」関連機能を大幅強化

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車ハイブリッド車パナソニックプリウス地球温暖化豊田自動織機

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース