福岡県飯塚市でブロックチェーン神社が建立される

2020年2月20日 08:41

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 福岡県飯塚市に「ブロックチェーン神社」が建立されたそうだ(朝日新聞)。

 この神社は、スタートアップの経営者の合宿や技術者の研修の場として整備された場所に建立されたもので、埼玉県の神社から、知恵をつかさどる八意思兼神(やごころおもいかねのかみ)を分霊したという。

 この神様は、天野岩戸を開けて天照大神を外に出すにはどうしたらいいか知恵を授けた神様らしい。みんなでわいわい楽しくやれば無関心な人たちも何事かと思ってやってきて、やってること理解してくれてさらに盛り上がるってことなのかね。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | 変なモノ | インターネット | IT

 関連ストーリー:
イーサリアム財団の研究員、北朝鮮へのブロックチェーン関連情報提供で逮捕 2019年12月03日
イーサリアム共同考案者曰く、イーサリアムのブロックチェーン容量をほぼ使い切った 2019年08月30日
量子コンピュータがブロックチェーンを駆逐する? 2018年11月28日
中国、ブロックチェーンを使った情報サービスについても規制へ 2018年10月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード福岡県ブロックチェーン

広告

写真で見るニュース

  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
  • 三越恵比寿店 (c) 123rf
  • 案内ロボット「ゴーカンナ君」(画像: アキュラホーム発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース