HTC、スマホ事業から撤退へ

2020年2月16日 17:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 HTCが、利用者向けのコミュニティを閉鎖した。これは同社が携帯電話事業から完全に撤退することを意味しているという(36Kr Japan)。

 HTCといえば、早くからアレゲなPDA的ガジェットをリリースしており、日本でも比較的入手しやすかったため当時は注目していたが、Androidの普及後は単なる廉価端末メーカーに成り下がっていたイメージが強い。ともあれ残念ではあるのだが。

 HTCはかつてNexus 9やPixelといったGoogleブランドの端末を開発・製造していたが、2015年には業績不振に陥っており、また2017年にはGoogle関連プロダクトの開発・製造に関わっていたチームがGoogleに買収されていた

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ビジネス | 携帯電話

 関連ストーリー:
Google、HTCからPixel関連の人材とIPを取得 2017年09月21日
GoogleがHTCのスマートフォン部門を買収する可能性 2017年09月10日
HTC、業績不振により市場では「事業に価値無し」と判断されるに等しい株価低迷 2015年08月14日
HTC、S3をVIAから買収 2011年07月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidNexusHTCPixel

広告