コム デ ギャルソン・シャツ、2020年秋冬コレクション発表

2020年2月15日 10:01

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 コム デ ギャルソン・シャツ(COMME des GARÇONS SHIRT)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、フランス・パリで発表された。

■表情豊かな個性派シャツ

 “シャツ”という制約の中で、パッチワーク、デコレーション、アタッチメントの装飾など、さまざまな手法を使い全く表情の異なるピースを作り上げる、コム デ ギャルソン・シャツ。今シーズンは、別布またはリボンを繰り返しのせて、個性豊かなシャツをデザインしている。

 薄いグレーのシャツには、その誠実な印象を打ち破るように、ストライプ柄のリボン状テキスタイルを大胆に胸元にのせた。ストライプシャツには、濃淡異なるさまざまなスクエア型パーツが張り付けられ、フォーマルを脱し、カジュアルなスタイルへと変身をとげている。

■もう一つの腕が“だらりと伸びる”シャツ

 また、前身頃に大胆にも“他のシャツ”をのせたようなユニークなピースも登場。一見すっきりとして見えるシャツも、腕を通した袖とは別の位置に、ぶら下がるように他の袖が存在している。脇のあたりやウエストあたりから、だらりと垂れるように別のアームが顔を出している。

 プレーンな白シャツには、胸元、ウエスト2ヶ所にポケットをあしらって機能性を高めた。よく見るとこちらもサイドには別の袖がついていたり、アーム部分が2重になっていて、腕まくりをしてもさらにもう1枚袖口が存在したりする。

■穴から顔をのぞかせる鮮やかカラー

 抽象絵画のようなパターンも多く見られた。ピンクやライトブルーなどの鮮やかなカラーがあいまいに混ざりあい、シャツに彩りを届けている。

 鮮やかカラーのシャツは、前身頃が2重になっていて、上層の生地が丸く切り抜かれている。その穴から抽象的なモチーフが顔を出し、立体感のある仕上がりとなっている。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコム デ ギャルソン・シャツパリ2020年秋冬コレクション

広告