入国時にスマートフォン端末を多数持って行くとトラブルになる国も

2020年2月8日 12:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 複数台の携帯電話/スマートフォン端末を携帯することは珍しくないが、外国への入国時に多くの端末を持っていると入国時にトラブルになる可能性があるようだ。あるライターがインドネシアへの入国時、「入国時に2台しかスマートフォンを持ち込めない」とされ、それを超える台数の端末を持ち込む場合、「預かり金」の支払いを求められたという(ケータイWatch)。

 これは入国先で海外の端末が売りさばかれることを危惧しての対応とのことで、出国時に端末を持っていることを示せば預かり金は帰ってくるという。

 こういった対処を行っている国は少なくないそうで、国によっては端末を没取されることもあるようだ。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | ニュース | 携帯電話

 関連ストーリー:
中国政府が新疆ウイグル自治区へ向かう旅行者のスマホにスパイウェアをインストールしていたとの報道 2019年07月04日
北朝鮮への入国時にはWebブラウザの履歴までチェックされる 2015年12月10日
アメリカへの入出国ではPCの中身にご注意を 2008年04月24日
中国のサイバースパイ、自衛策ここに極まれり 2011年09月29日
米国での入出国時に携帯電話内の情報を抜き出される可能性、携帯電話は家に置いていけ 2017年02月22日
中国渡航の際のベストプラクティスは「いろんな意味で身軽に」? 2012年02月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードインドネシア

広告

財経アクセスランキング