巨大IT企業への規制、政府への毎年の状況報告義務付けという内容に

2020年2月1日 22:07

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 政府は巨大IT企業に対する規制を検討しているが、政府のデジタル市場競争会議がこの規制の概要を決めたとのこと(時事通信共同通信)。

 内容としては、契約条件や運営状況を毎年政府に報告することを義務付けるというもので、そのお飛びは一般利用者にも公開するという。対象は「大規模なネット通販やスマートフォンのアプリ販売を営む巨大IT」とされており、楽天やAmazon、Google、Appleなどが該当すると見られている。

 当初は一定の不当行為を「禁止事項」として法律上明記することを検討してきたが、これに対しては反発が多く見送られたようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | ビジネス | 政府

 関連ストーリー:
楽天送料無料化について、店舗の有志連合が公正取引委員会に調査要請 2020年01月23日
楽天の「送料無料」に対し独占禁止法違反との指摘 2019年12月19日
米政府、日米協定にGAFAなどの巨大ITの訴訟回避条項を入れる 2019年10月11日
公正取引委員会、大手IT企業を対象に個人データの不当な収集や使用を独禁法違反の対象とする指針案を作成 2019年07月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleApple楽天Amazon