ストレスがなぜ白髪を生み出すのか、そのメカニズムが解明される

2020年1月29日 18:13

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 サンパウロ大学やハーバード大学の研究者らが、ストレスによって白髪ができるメカニズムを解明したそうだ(時事通信GIGAZINEBBCSlashdot)。

 これによると、ストレスによって放出される神経伝達物質ノルアドレナリンが毛根付近の細胞を過剰に活性化させ、それによって幹細胞が急速に色素となるメラニンを形成するメラニン細胞に変化してしまい、その結果メラニン細胞が枯渇してしまうという。そのため毛の色がなくなり、白髪になってしまうのだそうだ。

 なお、マウスによる実験では交感神経系に対する神経伝達を阻害する働きのあるグアネチジンを投与することで、白い毛が生えてくることを防げることも確認できたという。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
「ストレスが多いと老ける」は本当。アドレナリンが原因 2011年08月30日
白髪を遺伝子操作で修復する試み 2011年06月20日
白髪は遺伝子の損傷が原因 2009年06月14日
14才の少年がゲームのやり過ぎで白髪に 2002年08月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードハーバード大学

広告