IoTフィットネスデバイス、サービス終了で役立たずに

2020年1月28日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米スポーツ用品メーカーUnder Armourが提供するフィットネスデバイス向けアプリ「UA Record」が3月31日でサービスを終了し、それ以降は利用できなくなる。これによってこのアプリと連携して利用するデバイスも完全に利用できなくなるそうだ(Engadget日本版Ars TechnicaSlashdot)。

 このアプリは2016年にリリースされたもので、同社のスマート体重計「UA Scale」、活動量計「UA Band」、心拍数モニタ「UA Heart Rate」と組み合わせて利用するもの。すでにUA Recordは2019年12月31日にGoogle StoreやApp Storeから削除されており、新規インストールは行えなくなっている。

 Under Armourは「MapMyFitness」というアプリへの移行を呼びかけているが、すべてのデータを移行できるわけではなく、UA Recordで記録されていた歩数、睡眠データ、体重、食事、安静時心拍数などのデータは移行不可。いまのところデータの一括ダウンロードなどもできないとのことで、これらのデータは失われることになる。さらに、UA ScaleおよびUA BandはUA Recordとの連携が前提となっており、移行先になっているMapMyFitnessでは利用できない。このため、3月31日以降UA Scaleはただの体重計に、UA Bandは完全に利用できないデバイスになってしまうようだ。

 なお、これらデバイスは2017年末には販売が終了されていたとのこと。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | インターネット | IT

 関連ストーリー:
クラウド連携機器は利用する前にサービス終了後のことを考えておこう 2018年03月07日
マウスコンピューター、「mouse スマートホーム」の販売終了。2022年のサービス終了後は全製品が動作不能に 2019年07月25日
ウォズ曰く、IoTはバブル 2015年06月13日
スマートハウス街の悪夢 2014年06月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードフィットネスIoT(Internet of Things)活動量計