Office 365 ProPlus、一部の国でGoogle Chromeの検索エンジンをBingに変更

2020年1月27日 08:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

2月にリリースされるバージョン2002および以降のOffice 365 ProPlusでは、一部の国でGoogle Chromeの既定の検索エンジンをBingに変更するそうだ(Microsoft Docsの記事Windows Centralの記事gHacksの記事Computerworldの記事)。

既定の検索エンジンをBingに変更することで、Google ChromeのアドレスバーからMicrosoft Searchを利用できるようになるという。設定は「Microsoft Search in Bing」拡張機能のインストールにより変更されるが、既にBingが既定になっている場合にはインストールされない。また、Office展開ツールを使用するか、グループポリシーを使用すれば拡張機能をインストールから除外できるとのこと。

拡張機能がインストールされるのは現在のところ、オーストラリア・カナダ・フランス・ドイツ・インド・英国・米国となっている。なお、拡張機能のロールアウトは段階的に行われているため、すぐにはインストールされないこともある。日本は現時点で対象に含まれていないが、今後追加される可能性もあるようだ。Firefoxも後日サポートする計画とのことだ。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Chrome | Google | マイクロソフト | ソフトウェア | IT

 関連ストーリー:
Google、欧州経済領域でAndroid初回起動時に選択可能な検索プロバイダーを発表 2020年01月11日
ChromiumベースのMicrosoft Edgeベータ版、初回起動時に130回以上のネットワークリクエストを送る 2019年09月01日
Windows 7延長サポート終了後の有料セキュリティアップデートオプション、4月1日から販売開始 2019年03月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoftWindowsChromeFirefoxOfficeOffice 365Bing

広告