三菱電機へのサイバー攻撃、「ウイルスバスター」の脆弱性を悪用

2020年1月24日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 三菱電機を狙ったサイバー攻撃が行われ、さまざまな情報が流出したことが報じられているが(過去記事)、この攻撃にはトレンドマイクロのセキュリティソフト「ウイルスバスター」の脆弱性が悪用されていたという(共同通信)。

 トレンドマイクロのセキュリティソフトに関しては、法人向け製品での脆弱性対応が遅いとの指摘も出ている。

 なお、共同通信の記事タイトルでは問題のセキュリティソフトを「ウイルスソフト」と呼んでいることも話題になっている

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | インターネット | IT | 情報漏洩

 関連ストーリー:
三菱電機、不正アクセスによる攻撃を受け情報漏洩 2020年01月20日
日本地図センターの公式サイトが改ざん 2019年12月15日
米国史上最悪とされる漏洩事件の関係者、中国に戻り職業訓練校の講師になる 2019年12月27日
中国政府関与のハッカー集団が2要素認証を突破してVPNアカウントを奪取していたとの報告 2019年12月26日
中国のサイバー攻撃集団によるものとみられる医療業界を狙った攻撃、2013年より継続中との分析 2019年08月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性セキュリティトレンドマイクロ三菱電機サイバー攻撃

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース