アンブッシュ、2020-21年秋冬コレクション発表

2020年1月24日 08:43

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 アンブッシュ(AMBUSH)の2020-21年秋冬コレクションが、フランス・パリで発表された。テーマは「カントリーサイド」。


 カントリーサイドの自然やナチュラルな要素は、アンブッシュ人気のアクセサリーで表現されている。今季は、グリーンやブルーなど色とりどりの天然石を、職人の手により削り出したストーンチェーンを取り入れたチェーンネックレスやブレスレット、他にも天然石をあしらったアンブッシュロゴ入りピアスなどを展開。また、カントリーサイドで育ったキノコやストロベリーもモチーフに落とし込み、メタルのネックレスなどを提案した。

■日本の職人もアイディアソースに

 装いにもカントリーサイドのテーマは共通している。職人たちが身につけているユニフォームをアイデアソースとして取り込み、ワイドシルエットのパンツをデザイン。ウエストから足首にかけてぷっくりと膨らんだフォルムは、職人たちの作業着をも想起させる。

 和のエッセンスは、他にも散見。カーキ&オレンジのMA-1風なカラーリングのジャケットも、重ね襟になっていて、まるで胴着のようなスタイルだ。足元には厚底のシューズをコーディネート。

 ホワイトとベージュのスクエア型テキスタイルを交互に組み合わせた開襟シャツも和柄のような落ち着きを放ち、センタープレスパンツ、下駄のようなサンダルを合わせ、和を思わせるコーディネートに。

■ヴィンテージ感漂うディテール

 ジャパニーズテイストと並んでフォーカスされたのは、ヴィンテージアイテムでみられるディテール。裾口からのびた糸やほつれが見られる裾などは、過去の洋服からヒントを得たディテールで、ストライプ模様をパッチワークしたコートも、ヴィンテージのような表情を持っている。

■コンバースコラボシューズ

 コラボレーションはコンバース(CONVERSE)とともに。目の覚めるような青色のペンキやインクに浸したような全面ブルーのハイカットスニーカーや、柔らかな装飾をあしらったスニーカーが登場している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションスニーカーアンブッシュ(AMBUSH)

関連記事

広告

財経アクセスランキング