ダンヒル、2020-21年秋冬コレクション発表 控えめに遊ぶ紳士のテーラード

2020年1月23日 08:20

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ダンヒル(dunhill)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、2020年1月19日(日)フランス・パリで発表された。


■控えめなのに印象深い大人の遊びテーラード

 今シーズンのダンヒルは、かっちりとショルダーラインをとった厳格なテーラードジャケットやコートを主役としながらも、質感やディテールで遊びを加えた大人なコレクションである。


 ファーストルックから続く、金ボタンでアクセントをきかせたダブルブレストジャケットやロングコート。ジャケットのボタン位置はやや斜めに入っていて、アームやラペルにサテンを取り入れるなど、静かな遊びを感じさせる。


■ハイネックor立ち襟インナー

 シャツの下にはハイネックニットをあわせ、ニットを合わせないときは長いストールを首に巻いて背中に垂らし、ロングアンドリーンなシルエットを構築。シャツの襟はくるりと90度回転させて、立ち襟にコーディネートして、縦に長いフォルムを強調する。

■艶感ボトムスで大胆な遊び心を表現

 ブラック、グレー、ディープブルーのディープなカラーリング。男性的でフォーマルな雰囲気が漂うパレット選びだが、ウエスト下はセンセーショナルに遊んだ。


 しっとりとしたウールジャケットに合わせるのは、艶のあるレザーパンツで、ガラスのような艶を持つエナメルレザーのものもあり、足首に向かってテーパードをかけている。漆黒に加えて、シルバーの加工をいれたもの、レッド、ブルーも用意した。なお、ローファーやベルト付きのレザーシューズは、裸足で纏い抜け感を演出している。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードパリダンヒル(dunhill)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース