sacai、2020-21年秋冬メンズコレクション発表 個性を溶け合わせて生まれる新しいスタイル

2020年1月22日 07:34

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 サカイ(sacai)の2020-21年秋冬メンズコレクションが、2020年1月18日(土)フランス・パリでウィメンズのプレフォールコレクションとともに発表された。

■2つのピースが溶け合うハイブリッドアウター

 サカイのハイブリッドスタイルが今季向かう先は、ロングコートの下にはデニムジャケットを、ダウンジャケットの下にはミリタリコートを忍ばせ、2つのアウターを融合させて一つのピースを作り出すクリエーション。

 ドレススーツジャケットは、ピーコートと重なりながら、本来であればパンツの脚がのびる箇所にペプラムのシルエットが融合している。ボタン位置や裾のあたりは2つのピースが綺麗に重なり合っていて、重ね着しているようにみえる。

 アウターの下には、セットアップを合わせている。というのも今季は、パンツスーツに始まるコレクションとデザイナーの阿部千登勢が語るようにスーツスタイルがポイントであるからだ。

 あらゆるスーツの組み合わせの可能性を模索した結果、ベストとスラックスといったクラシカルなスタイルに加えて、レオパード柄や真っ赤なチェックのシャツとパンツをオールインワンのように着こなしたパンクスタイルも仲間に引き入れている。首元には、ボリューミーなネックレスをコーディネートして、パンクスピリットを強めているようにも見える。

 ボトムスはタイトフィットまたはスリムなものが多くロールアップして着こなす。ボリューミーなアウターが強調され、サカイらしいハイブリッドなデザインが引き立っている。

■ナイキコラボシューズ&アインシュタインT

 足元には、今季もナイキ(NIKE)とのコラボレーションスニーカーを。スウッシュが2重になったデザインで、パープルとグリーン、イエローとグリーンなどカラフルなカラーリングで提案される。スニーカー以外には、厚底ソールのロングブーツやレオパード柄のブーツを揃えている。


 今季は他にもコラボレーションが満載。再コラボレーションとなるタトゥーアーティストのドクター・ウーとは、ホロスコープのようなバンダナ柄を作り上げている。太陽や月など小さなモチーフを散りばめたライトブルーのテキスタイルでジャケット、パンツ、タイなどを仕立てている。


 ラストは、「私は、直感とインスピレーションを信じる。私は、時に自分が正しいと感じるが、実際本当に正しいかはわからない。」の言葉を残した アルベルト・アインシュタインのTシャツを。こちらもコラボレーションピースとしての展開とのことだ。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションスニーカーsacai(サカイ)

広告

広告

写真で見るニュース

  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
  • フロリダ州のケネディ宇宙センターでのテスト中のNASAの火星ヘリコプター (c) NASA / Cory Huston
 

広告

ピックアップ 注目ニュース