三菱電機、不正アクセスによる攻撃を受け情報漏洩

2020年1月21日 07:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 miishika曰く、

 三菱電機に対し大規模なサイバー攻撃が行われ、さまざまな情報が流出した可能性があるとの報道が出ている(朝日新聞NHK)。

 2019年6月に社内のサーバーで不審なファイルが見つかり、その後全社で調査を行った結果、大半の本部・事業本部や本社管理部門の一部で不正アクセスが確認されたという。

 社会インフラに関する情報、取引先の情報等機微な情報が流出していないことは確認済とのことであるが、三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)の情報セキュリティソリューションが使われていたかどうかが気になる。

 不正アクセスは中国の関係会社が発端となり、乗っ取ったアカウントを使ってより高い権限を持つ端末を狙う不正アクセスが続いたという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | IT | 情報漏洩

 関連ストーリー:
「宅ふぁいる便」サービス終了 2020年01月15日
新潟の中3男子、不正アクセスで成績改ざん 2019年12月21日
ID/パスワードに従業員番号が使われていたシステムに不正ログインして福利厚生を不正利用したドコモCS契約社員が逮捕される 2019年10月18日
三井住友カードのアプリに不正アクセス、約1万7000件の不正ログインか 2019年08月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国セキュリティ三菱電機情報セキュリティサイバー攻撃

広告

広告

写真で見るニュース

  • フィッシャープライスのバイリンガル知育玩具「バイリンガル・わくわくピアノ」。(写真:マテル・インターナショナル発表資料より)
  • 大丸芦屋店1階のリニューアルイメージ(大丸松坂屋百貨店発表資料より)
  • 研究グループが開発した世界最小のクロック回路を搭載したチップ写真(写真:東工大の発表資料より)
  • 新型フィット・e:HEV HOME(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • シャポー市川リニューアルのイメージ(JR東日本都市開発発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース