SpaceX、Dragon宇宙船の有人運用に向けた緊急脱出試験に成功

2020年1月20日 19:42

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 米宇宙開発企業SpaceXが1月19日、有人での運用を目指すCrew Dragon宇宙船の空中脱出システムの試験を行った。これはロケットの故障時に宇宙船とロケットの切り離しを行って乗組員を安全に脱出させるためのもの(Yahoo!ニュースTechCrunchITmediaAFP)。

 実験ではFalcon 9ロケットが使用され、時速1500km超で太平洋の高度19kmの位置を飛行中、ロケットに最大の力がかかった状態で宇宙船の切り離しが行われた。切り離しは無事成功し。切り離し後のFalcon 9ロケットはその際の圧力によって予定通り爆発したという。また、宇宙船側はその後姿勢制御を行いながらパラシュートを展開し大西洋上に着水した。

 この試験の成功を受けて、次は有人での飛行試験が行われる予定。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 宇宙 | NASA

 関連ストーリー:
米国宇宙軍の初仕事はSpaceXのStarlink衛星打ち上げの監督業務 2020年01月09日
2019年のロケット打ち上げ回数、中国が2年連続1位 2019年12月28日
ボーイングのISSクルー輸送に向けた無人テストフライト、打ち上げ成功もISS到達は断念 2019年12月22日
NASA、月ミッションに向けOrion宇宙船をロッキード・マーチンに発注 2019年10月01日
SpaceXのCrew Dragon宇宙船、無事地球へ帰還 2019年03月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロケットSpaceXFalcon 9

広告