スパイウェア疑惑が報じられたアプリToTok、Google Playに復活

2020年1月11日 22:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

ToTokチームは5日、通話・メッセンジャーアプリ「ToTok」がGoogle Playで再び入手可能になったことを発表した(ToTokのニュース記事The Vergeの記事Android Policeの記事Computingの記事)。

ToTokに関しては12月、UAE政府のスパイウェアだとの疑惑The New York Timesが報じており、Google PlayとAppleのApp Storeでは報道よりも前にToTokが削除されていた。一方、ToTok側は疑惑を一貫して否定している。12月29日付のKhaleej Timesの記事ではToTok共同設立者のGiacomo Ziani氏が独占インタビューに答え、UAEに対する陰謀に巻き込まれたと感じていることや、急速にユーザーを増やしていることに対する妬みもあって疑惑が作り上げられた可能性を指摘。疑惑を主張する人々が元NSA職員に分析を依頼した結果、スパイウェアではなく、バックドアやマルウェアも見つからなかったと結論付けられたとも述べている。アプリの再公開については、ホリデーシーズンでAppleとの話し合いは進んでいないとしつつ、Google Playではすぐにでも公開が再開されるとの見通しを示していた。 

スラドのコメントを読む | デベロッパーセクション | セキュリティ | ソフトウェア | スラッシュバック | 政治 | デベロッパー | Android | プライバシ

 関連ストーリー:
人気アプリ「ToTok」はUAE政府によるスパイウェアだったとの疑惑 2019年12月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroidAppleマルウェアバックドアGoogle Play

広告

財経アクセスランキング