Google、スマートフォン向け会話自動翻訳機能を公開

2019年12月17日 08:57

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 Googleが12月12日、スマートフォン向けのリアルタイム翻訳機能の提供を開始した( 朝日新聞CNET Japan)。

 「Googleアシスタント」の音声通訳機能として提供されるもので、端末に向かって話した言葉を指定した言語に翻訳して表示するとともに音声で再生する。対応する言語は44言語で、Androidだけでなく、iOSでも利用できる。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | テクノロジー | Google | ソフトウェア

 関連ストーリー:
Microsoft、ユーザーから収集した音声データの人力処理を「プライバシーに関する声明」などに明記 2019年08月17日
Microsoft、あたかもその場にいるように喋る等身大3Dモデルを使った同時翻訳のデモを披露 2019年07月25日
パナソニック、「対面ホンヤク」を発表 2017年11月21日
Google、Pixelスマートフォンと組み合わせることで「リアルタイム翻訳」が利用できるスマートイヤホンを発表 2017年10月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleiOSAndroid

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース