トヨタ、東京オートサロンで「GRヤリス」を世界初公開へ

2019年12月13日 08:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

東京オートサロン2020 TOYOTA GAZOO Racing ブースイメージ(ステージ)

東京オートサロン2020 TOYOTA GAZOO Racing ブースイメージ(ステージ)[写真拡大]

写真の拡大

 TOYOTAは、2020年1月10日から12日まで、千葉・美浜区の幕張メッセで開催される東京オートサロン2020において、「GRヤリス」を世界初公開すると発表した。GRヤリスは、GRスープラに続く、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)が展開するスポーツカーシリーズ「GR」のグローバルモデル第2弾だ。

 TGRは、モータースポーツ活動を通じてクルマを鍛え、人を鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組んでおり、国内外を問わず、草の根から世界選手権まで幅広い競技に参戦しています。

 なかで、FIA世界ラリー選手権(WRC)においては、2017年に参戦復帰し、昨年はマニュファクチャラー選手権、今年はドライバーおよびコ・ドライバー選手権などのタイトルを獲得した。

 そのTGRがWRCで学び・鍛えた知見を惜しみなく投入したモデルが今回発表するGRヤリスだ。世界初公開に先がけ、マスタードライバーでもあるモリゾウこと社長の豊田章男氏が最終テストを行なった映像を公開している。

 また、12月15日に富士スピードウェイで開催するTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019ではテストカーによる走行を実施する予定だという。

 なお、東京オートサロンではGRヤリスに加え、WRC2020年参戦車両やGR PARTS装着車両、GRスープラのGT4車両、Super GT参戦車両、GR PARTS装着車両を展示予定だ。また、コンセプト車両“86 BLACK LIMITED Concept”や、TS050 HYBRID 2019年ル・マン優勝車両などのモータースポーツ車両の展示や、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamの2020年新体制とGRヘリテージパーツプロジェクトの発表も予定している。

 出展車両やブースについての紹介は、TOYOTA GAZOO Racing Webサイトで順次公開していくとしている。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
チームTOYOTA、WRC最終戦を待たずにタナック選手がドライバーズ・タイトル獲得
国産Bセグメントに新型続々、先制したトヨタ・ヤリス、迎え撃つホンダ・フィット
トヨタ、世界標準のコンパクトモデル、ヴィッツ改め「ヤリス」に統一して初公開

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ自動車世界ラリー選手権幕張メッセスープラ富士スピードウェイ豊田章男ヤリス

広告

財経アクセスランキング