東京為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の上昇で

2019年12月11日 14:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:15JST 東京為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の上昇で

 11日午後の東京市場でドル・円は108円70銭台と、底堅さを維持。米株式先物の軟調推移で、ややドル売り方向に振れやすい。ただ、米10年債利回りが緩やかに持ち直し、ドル買いを誘発。一方、上海総合指数やハンセン指数はプラス圏を維持する半面、日経平均株価は弱く、日本株安を嫌気した円買いは根強い。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円67銭から108円85銭、ユーロ・円は120円52銭から120円76銭、ユーロ・ドルは1.1089ドルから1.1096ドルで推移した。《FA》

広告

財経アクセスランキング