東京為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の上昇で

2019年12月11日 14:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:15JST 東京為替:ドル・円は底堅い、米長期金利の上昇で

 11日午後の東京市場でドル・円は108円70銭台と、底堅さを維持。米株式先物の軟調推移で、ややドル売り方向に振れやすい。ただ、米10年債利回りが緩やかに持ち直し、ドル買いを誘発。一方、上海総合指数やハンセン指数はプラス圏を維持する半面、日経平均株価は弱く、日本株安を嫌気した円買いは根強い。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円67銭から108円85銭、ユーロ・円は120円52銭から120円76銭、ユーロ・ドルは1.1089ドルから1.1096ドルで推移した。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース