ラクーンHDのラクーンフィナンシャルが西武信用金庫との契約を拡大しBtoB掛売り決済サービス「Paid」でも業務提携

2019年12月6日 11:45

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■「Paid」は決済業務の手間を解消し売上拡大への注力を支援

 ラクーンホールディングス(ラクーンHD)<3031>(東1)のラクーンフィナンシャルは、12月4日付で、同社が提供するBtoB掛売り決済サービス「Paid(ペイド)」について、西武信用金庫(東京都中野区、髙橋一朗理事長)とビジネスマッチング契約を締結した。

 西武信用金庫とは、これまでに、ラクーングループの他事業(売掛保証サービス「T&G売掛保証」「URIHO」、卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」)を顧客に紹介するなどの業務提携を結んでいる。このたびの契約で、新たに「Paid」も提供できるようになった。

■「Paid」は未入金が発生した際も100%代金を支払うフィンテックサービス

 「Paid」は、企業間取引における掛売り決済で発生する請求業務を全て代行し、未入金が発生した際も100%代金を支払うフィンテックサービス。「取引機会の損失がなくなる」「請求や回収など決済業務が効率化され、本来の業務に集中できる」など、決済業務の手間を解消して売上拡大への注力が可能になる。

 これにより、西武信用金庫は顧客に対して、業務効率化や売上拡大のための経営支援を手厚くすることが可能となる。一方、「Paid」にとっては多くの企業に知ってもらう機会が増え、利用企業の増加につながる。

 西武信用金庫は、東京都・埼玉県・神奈川県の一部地域に展開する信用金庫で、中小企業が抱える個々の課題を解決していく事業支援活動を通じて、実効性のある「お客さま支援センター」の実現を目指し、地域密着型金融に積極的に取り組んでいる。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース