【特集】師走相場の「モチ代稼ぎ」の有力な候補株!3PL関連株に注目

2019年12月2日 11:50

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■師走の街々で輻輳するトラックはリアルな先行指標!?

 今週は、宅配会社、物流センター会社、物流資機材会社、物流サービス会社など物流業務を包括的に受託する3PL(サード・パーティ・ロジスティック)関連株に注目したい。師走の街々を輻輳するトラックが目立つようなら、説得力のる景気指標にもなるはずだ。折からこの3PL関連株には業績を上方修正する会社が続出し、小型軽量株も多く騰げ足も軽いと想定されることから、師走相場の「モチ代稼ぎ」の有力な候補株として注目することとした。

■上方修正に増配が加わる銘柄は高値圏もなお割安水準

 3PL関連株で業績を上方修正した銘柄をコード番号順に上げるとSBSホールディングス<2384>(東1)、センコン物流<9051>(JQS)、遠州トラック<9057>(JQS)、トランコム<9058>(東1)、山九<9065>(東1)、セイノーホールディングス<9076>(東1)、日立物流<9086>(東1)、SGホールホルディングス<9143>(東1)となる。このほとんどが、インターネット通販向けの物流量の増加と適正運賃の収受などを上方修正要因としており、このうちSBSHD、遠州トラック、山九、SGHDは業績上方修正と同時に増配を発表した。上方修正とともに年初来高値まで買い進まれ、足元では高値もみ合いとなっているが、なお割安水準にいる銘柄が多い。さらに業績の上方修正までに至らなかったものの今2020年3月期の中間業績が期初予想を上ぶれて着地したカンダホールディングス<9059>(東1)、丸和運輸機関<9090>(東1)も外すわけにはいかない。

 物流センターで流通加工を担う倉庫株のなかにも業績上方修正組が目立ち、これもコード番号順に上げると三井倉庫ホールディングス<9302>(東1)、ヤマタネ<9305>(東1)、東陽倉庫<9306>(東1)が浮上する。また今2020年3月期の中間業績を上方修正したソフトクリエイトホールディンス<3371>(東1)は、バーチャル株だが、上方修正要因となったeコマースサイト構築エンジン「ecbeing」は、限りなくリアルに近い。

■「次世代住宅ポイント制度」の対象となった宅配ボックスや高成長のパレット・レンタルも注目

 インターネット通販関連の3PL関連株が人気化するとすれば、宅配ボックス株にも再出番が迫ることになる。ドラーバー不足や国土交通省の設置規制緩和などをハヤした2017年、2018年の急騰劇の再現であり、今年10月の消費税増税とともに国土交通省が導入した「次世代住宅ポイント制度」の対象にダイケン<5900>(JQS)の集合住宅向け宅配ボックスがなったことも見直されることになる。アルファ<3434>(東1)、三和ホールディングス<5929>(東1)ともども注目される。

 物流資材関連では、バレットのレンタル事業が高成長しており、日本パレットプール<4690>(JQS)は、今2020年3月期の中間業績を上方修正しており、ユーピーアール<7065>(東2)は、この11月末に株式分割(1株を5株に分割)の権利を落としたばかりだが、業績は好調に推移しており、両社株との引き続き値幅効果を発揮してくれそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
クリーク・アンド・リバー社は上値試す、20年2月期大幅増益予想(2019/08/08)
TACは調整一巡、20年3月期減益予想だが1Qは2桁経常増益(2019/08/08)
ゼリア新薬工業は調整一巡、20年3月期大幅増益予想、1Q減益だが進捗率順調(2019/08/06)
テクマトリックスは上値試す、20年3月期増収増益・連続増配予想で1Q順調(2019/08/06)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告