レクサス、広州モーターショーで初のピュアEV「LEXUS UX300e」世界初公開

2019年11月24日 21:36

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

コンパクトなクロスオーバーモデルである「LEXUS UX」の持ち味である、個性的なデザイン、高い利便性、取り回し性の高さにEVの特性を付加した魅力的なモデルの誕生、「UX300e」

コンパクトなクロスオーバーモデルである「LEXUS UX」の持ち味である、個性的なデザイン、高い利便性、取り回し性の高さにEVの特性を付加した魅力的なモデルの誕生、「UX300e」[写真拡大]

写真の拡大

 レクサスは、中国・広州で11月22日~12月1日に開催する広州モーターショー(Guangzhou International Automobile Exhibition)で、ブランド初の電気自動車(EV)市販モデルとしてSUV「LEXUS UX300e」を世界初公開した。

 2005年発売したハイブリッド車(HV)のRX400h以降、LEXUSは車両電動化技術で世界をリードし、2019年の東京モーターショーでは電動化ビジョン「Lexus Electrified」を発表。HV開発で培ったモーター制御技術を軸として、パワートレーン・ステアリング・サスペンション・ブレーキなどを統合的に制御。走行シーンに応じた駆動力コントロールを行なうことで理想的な車両姿勢を実現し、安心・安全で運転する楽しさを感じられるクルマの開発を目指した。

 この電動化ビジョンのもと初のEV市販モデルとなる今回のUX300eは、EVの潜在能力を活かしてクルマの根源的な価値を磨くべく開発を進めたという。コンパクトなクロスオーバーモデルであるUXの持ち味、個性的なデザイン、高い利便性、取り回し性の高さに、EVらしい上質で「すっきりと奥深い走り」と優れた静粛性を追求した。

 ドライバーの運転感覚に逆らわない自然な加減速フィールと、高出力モーターによる優れた加速性能を両立。ドライブモードセレクトによって、ペダル操作に対して瞬時にトルクが立ち上がるEVの力強い加速フィーリングを味わうことも可能だ。また、パドルシフトにより減速度を4段階から選択することで、ガソリン車のエンジンブレーキと同じように減速操作ができるなど、EVの特性を最大限活かしながら自然な操作性を実現した。

 大容量バッテリーの床下配置で低重心化が図られ、同時にハイブリッド車で培ったモーター、インバーター、ギヤ、バッテリーといった主要装備の効率を最大化。システム全体としての性能向上を図り、航続距離400kmを実現した。

 UX300eは2020年以降、中国や欧州などを皮切りに順次発売し、日本での発売は、2021年前半を予定する。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
レクサス、2025年には全車種に電動車を設定を目指したEVコンセプト、TMSで公開
自動車に増える、大型液晶ディスプレイ。安全を支えるLEDドライバにも技術革新の波
レクサス、フラッグシップ「LC」のコンバーチブル市販化を英国で発表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードレクサス(LEXUS)SUVハイブリッド車電気自動車中国クロスオーバー東京モーターショー

関連記事

広告

財経アクセスランキング