NY為替:【市場反応】11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数など、ドル売り優勢気味

2019年11月21日 22:42

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*22:42JST NY為替:【市場反応】11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数など、ドル売り優勢気味
 日本時間21日午後10時30分に発表された米・11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数は予想を上回り、10.4となった。また、米・先週分新規失業保険申請件数は予想を上回り、22.7万件となった。


 発表後、ドル・円は108円54銭から64銭で推移し、1.1083ドルから88ドルで推移しており、小動きだがドル売り優勢気味。米10年債利回りは1.76%台から1.75%台に低下している。

【経済指標】に・米・11月フィラデルフィア連銀製造業景況指数:10.4(予想:6.0、10月:5.6)
・米・先週分新規失業保険申請件数:22.7万件(予想:21.8万件、前回:22.7万件←22.5万件)
・米・失業保険継続受給者数:169.5万人(予想:168.3万人、前回:169.2万人←168.3万人)《KK》

広告

財経アクセスランキング