トヨタ、新たなキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」を発表

2019年11月20日 08:57

小

中

大

印刷

「TOYOTA Wallet」のイメージ。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)

「TOYOTA Wallet」のイメージ。(画像: トヨタ自動車の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 トヨタ自動車、トヨタファイナンシャルサービス、トヨタファイナンスの3社は、複数の支払方法を搭載したスマートフォン用決済アプリ「TOYOTA Wallet」を発表した。11月19日よりiOS版の提供を開始し、Android版は来春のサービス開始を予定している。

【こちらも】ヤフー、クレカの比較メディアを開設 国内最大級となる1千種以上を掲載

■開発の背景

 トヨタは、以下3点を柱とした「コネクティッド戦略」を掲げており、スマートフォンやモバイルネットワークはこの戦略の中でも特に重要な役割を果たすと捉えている。

・すべてのクルマをコネクティッド化したモビリティサービスプラットフォームの構築
・ビッグデータの活用を推進し、ユーザーや社会に貢献
・様々な企業と連携して新たなモビリティサービスを創出

 そこで重要な役割を果たすスマートフォンを使用した決済のプラットフォームとして、「TOYOTA Wallet」を開発した。

■支払方法は3つ

 「TOYOTA Wallet」は、プリペイド型電子マネー「TOYOTA Wallet残高」、クレジット型サービス「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、デビット型サービス「銀行Pay」といった3つの支払方法を搭載しており、決済シーンにおいて自由に選ぶことができる。

 「TOYOTA Wallet残高」は、事前にチャージをしたうえで使うことができる電子マネー。チャージ方法はクレジットカードまたは、銀行Payの2通り。カード残高上限額は5万円で、NTTドコモが展開しているiDの加盟店と、Mastercardコンタクトレス加盟店で使用することができる。なお、使用するにはiD、MastercardコンタクトレスをApple Payに設定する必要がある。

 「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」は、年会費無料のバーチャルクレジットカードだ。トヨタ販売店やOrigami Payに対応した店舗で使用できる。
 
 「銀行Pay」は三井住友銀行に口座を持っている場合、コード払いをすることで銀行口座からすぐに引き落としがされる。今後、参加銀行も増加する予定だ。各支払方法によって決済方法や使える店舗が違うので注意が必要だ。

■今後の展望

 「TOYOTA Wallet」は今後、決済や周辺サービスの拡大をはかるとともに、「トヨタレンタカー」、「TOYOTA SHARE」や「KINTO」といったトヨタグループ内外のモビリティサービスと連携をしていく予定。様々なキャッシュレス決済が広がる中で、どれほどの地位を確立できるのかが注目だ。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワードトヨタ自動車NTTドコモiOSAndroidApple電子マネープリペイドクレジットカードビッグデータ三井住友銀行MastercardデビットカードApple PayOrigami Payキャッシュレス決済KINTO

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • Mazda MX-30(欧州仕様)(画像: マツダの発表資料より)
  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース