カイパーベルト天体Ultima Thuleの正式名称、「Arrokoth」に決定

2019年11月16日 21:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

NASAは13日、これまで「Ultima Thule」という愛称で呼ばれていたカイパーベルト天体「2014 MU69」の正式名称が「Arrokoth (アロコス)」に決定したことを発表した(NASAのブログ記事NASAのツイート)。

Arrokothはネイティブアメリカンのポウハタン/アルゴンキン族の言葉で「空 (そら)」を意味する言葉だという。2014 MU69の命名権はNASAにあり、NASAはポウハタン族の長老や代表者の合意を得て国際天文学連合小天体センター(IAU-MPC)に申請・承認されたとのこと。

ポウハタンの言葉を選んだ理由として、Arrokothを発見したハブル宇宙望遠鏡および、今年1月1日にArrokothのフライバイを実行したニューホライズンズ探査機ともにメリーランド州で運用されており、チェサピーク湾のポウハタン族と強い結びつきのある土地柄であることが挙げられている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | スラッシュバック | 宇宙 | アメリカ合衆国 | NASA

 関連ストーリー:
カイパーベルト天体 Ultima Thuleは平べったい形だった 2019年02月10日
カイパーベルト天体「Ultima Thule」は雪だるま型 2019年01月06日
NASA閉鎖中にカイパーベルト天体「2014 MU69」のフライバイを実行するニューホライズンズ探査機 2018年12月29日
2019年1月1日にニューホライズンズ探査機がフライバイするカイパーベルト天体の愛称募集中 2017年11月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカNASA国際天文学連合

広告