社内でMac導入を進めたIBM、社員のパフォーマンスが大幅向上と発表

2019年11月16日 15:52

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米IBMは2015年に社内PCとしてMacBook ProやMacBook Airを導入(過去記事)、その後半数以上の従業員がMacを使用する状況になっていた。これについて2016年にIBM幹部は高く評価していたが(過去記事)、Mac導入で従業員のパフォーマンスが改善し、離職率も下がり、メンテナンスコストは下がったという話が新たに報じられている。

 IBMが発表した成果報告によると、Macを使っている従業員の22%が勤務評価で期待を上回り、さらにWindows使用者と比べて売上は16%高い傾向があったという。

 また20万台のコンピュータのメンテナンスを行うのに、Windows使用時は20名の従業員が必要だったが、Mac環境ではわずか7名でまかなえるようになったともしている(iPhone ManiaAppleInsiderSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ビジネス | IBM | アップル

 関連ストーリー:
Macを導入したIBM、「Windowsより良い」と絶賛 2016年11月08日
IBM、従業員の半数以上にMacBookを支給 2015年08月04日
米IBM、従業員が使用するPCとしてMacBook ProとMacBook Airを導入へ 2015年06月01日
米国の学校で使われるハードウェアの納入数、ChromebookやWindowsがApple製品を抜く 2017年03月07日
開発者の「Mac離れ、Linuxへの移行」が進んでいる? 2017年01月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleiPhoneWindowsMacMacBook AirIBMMacBook Pro

広告