NHK契約者名簿から特殊詐欺のターゲット選ぶ 集金受託会社社長が逮捕

2019年11月12日 09:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 NHKの受信料集金業務を受託していた会社の社長が、NHK契約者の名簿を使って詐欺行為や窃盗行為を行なったとして逮捕されたと共同通信が報じているYahoo!ニュース日経新聞東京新聞西日本新聞)。

 警察官になりすまして高齢者宅を訪問しキャッシュカードを盗んだとして逮捕・起訴された被告が、容疑者から個人情報を得ていたと供述。警察の取り調べに対し容疑者がNHK契約者の名簿を使って対象を選んでいたことを認めたという。

 スラドのコメントを読む | テレビ | 犯罪

 関連ストーリー:
NTTコミュニケーションズ、詐欺に悪用された疑いのある約5900回線を強制解約 2016年12月23日
NHK、「NHKから国民を守る党」党首の立花氏に対し受信料支払いを求め提訴 2019年10月29日
カードの暗証番号を電話機で押して特殊詐欺被害、トーン信号から識別か 2019年04月15日
振り込め詐欺防止のため、一定の条件に該当する70歳以上の顧客のキャッシュカードでの振り込みを停止する試み 2016年10月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード高齢者NHK特殊詐欺受信料