Twitter社従業員、サウジアラビア王室批判投稿者の個人情報を売る

2019年11月9日 23:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Twitter社の従業員2名が、Twitterでサウジアラビア王室を批判するような投稿を行っていたTwitterユーザーのメールアドレスや生年月日、電話番号などをサウジアラビア当局関係者に提供し、見返りに腕時計や現金などを受け取っていたという(日経新聞)。

 この従業員2名は米司法省によってスパイ容疑で起訴されているとのこと。不正にアクセスされた個人情報は6000件以上に上るという。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | Twitter | 情報漏洩 | プライバシ

 関連ストーリー:
Twitter、政治広告を禁止に 2019年11月02日
テクノロジー企業にユーザーのセキュリティとプライバシーを強化するよう求めるEFFのキャンペーン 2019年03月03日
サウジ政府公式アプリの親族女性の位置を追跡できる機能に対し批判、同政府は問題なしと主張 2019年02月20日
朝日新聞のTwitterアカウント、乗っ取られて詐欺の宣伝に使われる 2018年11月13日
Twitter、自社CEOのアカウントを短時間停止するトラブル 2016年11月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitterサウジアラビア