トランザスが凸版と共同でホテル向けインフォメーションサービスを提供開始

2019年11月9日 12:05

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■客室テレビに挿すだけで使える

 トランザス<6696>(東マ)は、凸版印刷<7911>と共同で、テレビにスティック型端末を挿入するだけで、施設インフォメーションや、周辺観光情報、クーポンなどの提供が可能なホテル向けインフォメーションサービスの提供を開始した。

 凸版印刷の「旅道Rプラットフォーム」と、トランザスのホテル向けコンテンツ配信システム「NEXT GENERATION HOSPITALITY(NGH)」を連携。ホテルの客室テレビにスティック型端末を挿入するだけで、施設インフォメ ーションや、周辺観光情報、クーポン、施設やアクティビティ予約、エンタメコンテンツ(動画/雑誌/漫画など) の提供などを可能にする。 なお、同サービスの導入第1弾として、ホテル内インフォメーションや動画コンテンツの提供に機能を特化させ、日本国内のホテルへの導入を、10月1日(火)から開始した。多言語対応(日本語/英語/中国語)も順次行っていく。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】金価格関連株に注目、穴株は金庫株、メガバンク株は逆張りも一考の余地(2019/08/19)
【特集】「究極のディフェンシブ株」はこれだ!ラッキーセブン銘柄(2019/08/13)
【編集長の視点】JSSは反落も2ケタ増益転換の1Q業績見直しに2020東京五輪関連人気が加わり押し目買い妙味(2019/09/02)
【特集】「全米オープンテニス大会」と「ラグビー・ワールドカップ」のスポーツ・イベント関連銘柄を探る(2019/08/05)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告