ローブス&コンフェクションズ、2020年春夏ウィメンズコレクション発表

2019年11月7日 09:25

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ローブス&コンフェクションズ(robes&confections)は、2020年春夏ウィメンズコレクションを発表した。

■今の時代に流れる“新しい気分”を

 土屋郷率いるデザインチームのアイディアの根底にあったのは“70年代”のテイスト。ベルボトムやサファリシャツ、スカジャン……といった象徴的なアイテム達が、“新しい気分”をまとって登場する。決して懐古主義的ではなく、むしろ今の時代を生きる日常服として仕立てられたピースの数々は、新鮮さをもって凛とした佇まいを見せる。

■ベルボトムから着想を得たワイドパンツ

 ウエストから足に向かって、直線的に広がっていくワイドパンツは、ベルボトムからアイディアを得て作られている。身体にフィットする部分と裾の広がりによって緩急のある形になっているベルボトムとは異なり、シルエットをなだらかに描くことによってダイナミックかつモダンな印象に。裾に配したボタンを開けて着ると、わずかに肌が見える仕様となっている。

■自由な発想が生み出す独自性

 デニムはハリ感のあるクリーンな素材をセレクトし、カーペンターパンツのごとくワイドなシルエットに。サイドには、側章を思わせるホワイトのラインを施した。また、缶バッジをいくつも付けたスカジャンは、ニットで作ることでクリーンな柔らかさをプラス。自由な発想をもって形作っていくことで、“70年代”の代名詞的に語られるアイテムも、ローブス&コンフェクションズ独自の色に彩られていき、服そのもののアイデンティティを強めていく。

■端正かつ気取らないセットアップ

 ばっさりとオーバーなサイズ感に仕立てたピンストライプのセットアップや、ダブルジャケットとショートパンツのスタイリング、ショートスリーブのジャケットに緩やかなテーパードのパンツを合わせたルックといった、ローブス&コンフェクションズが得意とするセットアップも多彩なバリエーションで提案。いずれも上質な素材を採用し、端正な仕立てが光る。その一方で、コンフォートなムードや、気取ったところのないあふれ出るような華やかさも持ちあわせている。

■清涼感とサイケデリック

 透け感のある涼やかなドットのカットソーは、キャミソールを下に重ねたようなデザインが特徴的。2着重ねて着ているように見えるが、実は裾で繋がっている。2枚重ねた分、ドット柄がずれているように見え、ある種ノイジーな視覚効果をもたらしている。異なる種類の小花模様を切り替えたしなやかなワンピースや、とろみのある生地で仕立てた、リングを連ねたような柄プリントのブラウスなども同様に、春夏らしい清涼感の中にささやかなサイケデリックさを感じさせる。

■オリバーピープルズコラボのサングラスも

 また、今季はオリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)とコラボレーションしたサングラスも4型展開される。

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードコラボレーションローブス&コンフェクションズ(robes&confections)

関連記事

広告