1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 名古屋大学(1)

名古屋大学のニュース一覧

名古屋大学と三井化学、フレンドマイクローブの3者で開発された3Dマスクの「θ」のカラーバリエーション例。(画像: 発表資料より)

名古屋大学大学院工学研究科は5日、三井化学および同大発ベンチャーのフレンドマイクローブによる3者で共同開発した新型マスク、「θ」が完成したことを発表した。 08/11 17:57

岩石に形成された年輪(左)とそれに基づく元素マップ(右)(写真: 名古屋大学の発表資料より)

岩石は風化により縞模様が形成される。 08/04 07:53

実験に使用された偏極装置(写真:東京工業大学の発表資料より)

宇宙を構成する物質(バリオン)。 07/24 17:48

研究の概要(画像: 名古屋大学の報道発表資料より)

名古屋大学と科学技術振興機構は7日、mRNAの一部を酸素原子から硫黄原子に置き換えることによって、タンパク質の合成効率が20倍以上にもなる人工mRNAの開発に成功したと発表した。 07/09 10:58

抗生物質などに耐性を持つとされる耐性菌の働きを止める化学物質が発見されたそうだ。 07/02 08:26

イタリア・グランサッソ国立研究所(LNGS)の地下実験施設で行われていたXENON実験の過程で、「想定外の事象」が観測されたことを研究者らが発表した。 06/18 19:45

観測された棒渦巻銀河(左)と観測を実施した野辺山宇宙電波観測所の45メートル電波望遠鏡(右) (c) 2MASS J-band, Jarrett et al. 2003(左上段の擬似カラー)、COMINGプロジェクト(左上段の等高線及び下段)、Dragan Salak(右)

国立天文台は11日、地球に近い渦巻銀河のガス運動を解析した結果、棒渦巻銀河の中心にある棒状構造のガスが、銀河全体とは異なる運動をしていることを捉えたと発表した。 06/14 07:57

衛星形成のイメージ図 (c) 名古屋大学

名古屋大学と国立天文台の研究チームは9日、82個もある土星の衛星のうちで、なぜタイタンだけが巨大な存在として生き残ったのかについて、その原因を解明するシナリオを導き出したと発表した。 03/11 19:23

名古屋大学が女性教員数の増加を目的として、女性教員の割合が20%を下回った学部や研究科に対し予算を減らすペナルティを実施するという。 03/10 18:06

角膜の微細構造(上)と開発された複合エラストマーの微細構造(下)の概念図(写真:名古屋大学の発表資料より)

名古屋大学は2月28日、理化学研究所(理研)やユニチカなどとともに、無色透明な弾性素材(エラストマー)を開発したと発表した。 03/04 19:18

導電性高分子の薄膜の模式図(左)と最適な発電性能をもつ分子状態(右)(写真:名古屋大学の発表資料より)

名古屋大学は17日、「導電性高分子」と呼ばれる電気を流すプラスチックで、最適な熱電変換性能を導いたと発表した。 02/21 08:17

研究グループが開発したAIツール「ダークエミュレータ」の概要 (c) 京都大学基礎物理学研究所、国立天文台

宇宙上の物質分布は一様ではなく、銀河が網状に散らばった構造をしている。 02/10 08:30

名古屋大学が新たなスーパーコンピュータ「不老」を導入、7月1日よりその運用を開始する。 02/07 22:10

今回の研究の概要。(画像: 名古屋大学の発表資料より)

10から20%が一生に一度はかかるため、「心の風邪」とも呼ばれるうつ病。 01/26 16:21

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告