1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 名古屋大学(1)

名古屋大学のニュース一覧

aには「赤光」、bには「赤雲」というオーロラと思われる現象の記録が同定される。(写真:筑波大学の発表資料より)

筑波大学は10日、紀元前8世紀から紀元前7世紀にかけて発生したオーロラ現象を記録する、楔形文字の粘土板を確認したと発表した。 10/12 19:54

発見された宇宙網の画像(青い部分が水素ガス)。(画像:理化学研究所発表資料より)

銀河や巨大ブラックホールは水素のガスから作られる。 10/05 19:58

研究の概要イラスト。(illustration by panoji.com)

夢というのは難しい研究テーマである。 09/21 21:32

陸上植物の花形成と緑藻の光防御の仕組みの比較(写真:名大の発表資料より)

我々が身近に感じる自然現象のひとつである花の形成。 09/13 17:55

名古屋大学の小倉礼研究員らの研究グループは9月3日、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者が、「田舎」「昨日」といった熟字訓の熟語を音読することが難しくなるメカニズムを解明したと報告した。 09/09 19:13

メディカルRPA協会のロゴとキャラクター(画像:メディカルRPA協会発表資料より)

「一般社団法人メディカルRPA協会」が6日に発足した。 09/07 13:39

レヴァント地方の内陸乾燥域におけるネアンデルタール人と現生人類の資源獲得行動の違い。現生人類の特徴は居住域から離れた異なる環境とのつながりがあり、それを示す小型貝殻という象徴品を用いていたこと。(画像:名古屋大学発表資料より)

ヨルダンの遺跡において、55km離れた紅海の貝殻を、現生人類が象徴品として用いていた証拠が見つかった。 08/31 09:29

8月26日、愛知県豊田市の市道で自動運転の試運転をしていた車両と一般乗用車が接触する事故が発生した。 08/27 23:03

DESHIMAが観測したオリオン大星雲に存在する複数分子からの電波 (c) DESHIMA Project Team/Endo et al.

国立天文台は6日、最先端の超伝導技術を駆使した高性能の電波観測装置「DESHIMA」を開発し、電波観測に成功したことを発表した。 08/08 21:07

ヒトとイヌの心拍変動の解析結果 両者に相関がみられる(写真:麻布大の発表資料より)

ヒトとの共生を始めた最古の家畜であるイヌ。 07/21 17:38

カーボンナノチューブと代表的な構造材料の比強度の比較(写真:科学技術振興機構の発表資料より)

ダイヤモンドや黒炭など、多彩な分子を生み出す炭素。 07/19 20:44

GABA機能を欠損させたマウスで確認された体内時計の乱れ(画像:北大の発表資料より)

睡眠障害や精神疾患、糖尿病などのリスクを高くする体内時計の乱れ。 06/25 18:39

プランベンの原子分解能STM像。(画像:名古屋大学発表資料より)

名古屋大学は、ナノマテリアルの新素材「ブランベン」の創製に世界で初めて成功したと発表した。 05/15 16:19

研究のイメージ図 (c) JAXA

金沢大学や名古屋大学、国立極地研究所、JAXAなどの国際共同研究グループは17日、地上で観測するオーロラを用いた研究から、地球から近い場所で発生している電磁波コーラスと高エネルギー電子が共鳴し生じる「波動粒子相互作用」の可視化に成功し、世界で初めてその発生域の形状作用について詳細を明らかにしたことを発表した。 01/22 16:43

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告