台風19号災害を特定非常災害に指定

2019年10月20日 14:39

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は福島、宮城に被災地訪問後、台風19号非常災害対策本部会議に出席し「災害廃棄物、土砂等の放置により生活環境に影響を与えることを防ぐため、自衛隊による廃棄物除去等を進める」考えを示し「既に人員1400名、重機及び大型車両90両の体制で被災地での作業を開始しつつあるが、体制をさらに強化していく」と語った。

 また「全国の自治体・関係団体の支援を得て、ごみの収集車両を全国から70台規模で確保し、順次被災地に展開しています。また、ごみ焼却場が浸水などによる被害を受けている地域もあることから、環境省を中心に広域での処理協力も先手、先手で進めるよう」関係大臣に指示した。

 安倍総理は今般の災害を『特定非常災害に指定する』とし18日に閣議決定する。安倍総理は指定することにより「自動車運転免許の更新ができない方の有効期間の延長などが可能になるほか、民事調停法による調停にかかる手数料が免除される。被災時に生じる様々な法律問題を無料で相談できる制度を適用できるようにする」とした。

 また「復旧・復興活動や、り災証明の事務など、被災自治体の支援等に当たるため、政府の被災者支援チームの職員354人、20道県市からの自治体職員133名が派遣され活動を行っているが、現場主義を徹底し、被災者の生活の再建に向けて全力で取り組むよう」指示した。

 安倍総理は被災地訪問で「避難所では不安で困難なときを過ごされておられる被災者の方々から大変つらいお気持ちや冷え込みも厳しい中での御苦労、今後の生活に向けた要望について直接お伺いしました。被災地の方々はもとより、自治体職員やボランティアの姿に接するとき、国としても被災者の方々のためにできることは全て行う、この気持ちを新たにしました」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
官邸HPで14都県の被災者に支援情報を提供中
除染土入れた袋流出も流出個数は「捜索中」と
生活ニーズに沿った支援へ即応予備自衛官ら召集

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三台風

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース