ゲームボーイやゲームギアなどと互換性ある携帯ハード「Analogue Pocket」

2019年10月19日 16:04

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 レトロゲーム互換機や関連製品を手がけるAnalogue社が、携帯ゲーム機「Analogue Pocket」を発表した(Engadget日本版)。

 ゲームボーイやゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンスと互換性があるハードウェアで、エミュレーターソフトウェアではなくFPGAを使って実装されているという。さらに、別売される「カードリッジアダプター」を利用することでゲームギアやネオジオポケットカラー、Atari Lynxのゲームにも対応する。また、HDMI出力端子を備え外部ディスプレイとの接続を可能にするドックも提供されるとのこと。このドックにはBluetooth通信機能があり、BluetoothやUSBでコントローラを接続してプレイすることもできるという。

 ディスプレイサイズは3.5インチ(解像度は1600×1440ピクセル)。通信ケーブルにも対応するという。また、ゲームボーイシリーズで動作する音楽製作ツールとして知られる「nanoloop」がプリインストールされている。

 2020年の発売が予定されており、価格は199ドル。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア

 関連ストーリー:
SIE、PlayStation 5を2020年末に発売することを発表 2019年10月09日
コモドール64の復刻版「The C64」、12月に発売されることが発表される 2019年07月02日
Androidスマホをゲームボーイ化する「SmartBoy」、ついに発売 2017年08月11日
完成の遅れているAtari VCS、開発者が辞任との報道 2019年10月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告