SpaceX、Starlink衛星30000基増設をITUに申請

2019年10月18日 18:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 米民間宇宙開発会社SpaceXは人工衛星を使ったブロードバンド接続サービス事業「Starlink」を計画している。すでにそのための衛星打ち上げが開始されているが(過去記事)、この事業に向けて同社は追加で3万基以上の通信衛星を打ち上げる可能性があるという( SpaceNewsStartflight Now)。

 もし申請が認められれば、既存計画の1万2000基とあわせて実に4万基以上と、Starlink衛星だけで夜空が埋め尽くされそうである。SpaceXはインターネットをすべて衛星経由に置き換えるつもりなのだろうか?

 スラドのコメントを読む | ITセクション | インターネット | 宇宙 | IT

 関連ストーリー:
ESA、人工衛星と巨大コンステレーションの衝突を回避するためのマヌーバーを世界で初めて実行 2019年09月06日
SpaceXのStarlink衛星の光害を示す天文写真が撮影される 2019年06月11日
SpaceX、衛星ブロードバンドサービス「Starlink」の最初の60基を打ち上げ成功 2019年05月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSpaceX

関連記事

広告