ドイツで金色のBMWが「まぶしすぎる」として路上から撤去

2019年10月18日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 ドイツ西部デュッセルドルフで金色のBMW製SUV「X5」が路上から撤去されたそうだ。撤去の理由は他の道路利用者の目にまぶし過ぎるためだとのこと(AFPCarscoops)。ドイツ警察は「目立ちたがり屋」の取り締まりを強化していたそうだ。AFPの記事では車の写真も掲載されているが完全に金色である。

 ところでドイツの目立ちたがり屋というのは、日本で言えば暴走族の竹やり・デッパみたいなものなんだろうか。

 この取り締まりでは5台の車両が対象となったそうで、その1つがこの金色のBMWだったそうだ。当局によると、まぶしさによって他のドライバーの目がくらむ恐れがあったという。そのほかにテールライトを改造した車両や、廃棄システムを改造した車両なども対象になったようだ。ドイツでは過去に金色のポルシェ車が同様の理由で取り締まられたことがあるという。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 変なモノ | idle | 交通

 関連ストーリー:
国土交通省、車検切れ車両をその場で摘発できるシステムを導入へ 2016年11月28日
Apple Watchに金メッキを行えるキットが登場 2015年06月04日
ニューヨーク警察、運転中の携帯メール送信を取り締まるため「車高の高い車」を導入へ 2013年12月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードSUVドイツBMWポルシェ

広告

財経アクセスランキング