旧ソ連の宇宙飛行士、アレクセイ・レオーノフ氏死去

2019年10月17日 09:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 katu256曰く、

 ソ連の宇宙飛行士、アレクセイ・レオーノフ氏が10月11日にモスクワの病院で亡くなった(朝日新聞)。享年85歳。

 氏は1965年にボスホート2号に搭乗し世界で初めて宇宙遊泳を行い、1975年にソ連のソユーズ19号とアメリカのアポロ18号がドッキングした際のソ連側船長を務めるなどソ連の宇宙開発に貢献した人物だった。

 世界初の宇宙遊泳は、2017年のロシア映画「スペースウォーカー」として映像化され、本人が監修を務めている。また、アーサー・C・クラーク著「2010年宇宙の旅」に登場するソ連製宇宙船が氏の名前を冠している。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ニュース | 宇宙

 関連ストーリー:
人類初の宇宙飛行から50周年 2011年04月12日
訃報: 宇宙飛行士 ニール・アームストロング氏、逝去 2012年08月26日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカロシア

広告