ザ・ノース・フェイス「ゴアテックス」ダウン&フリースジャケット、新型ファスナー

2019年10月8日 09:21

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)は、ダウンアウター「ゴアテックス ヌプシジャケット(GTX Nuptse Jacket)」と、フリースジャケット「ゴアテックス デナリジャケット(GTX Denali Jacket)」を2019年10月25日(金)にザ・ノース・フェイス直営店7店舗にて販売する。

■スムーズな開閉を叶える新型ファスナー「AiryString」

 新作の「ゴアテックス ヌプシジャケット」「ゴアテックス デナリジャケット」には、新型ファスナー「AiryString」を採用。ファスナーテープを排し、ファスナーのかみあう部分と服地を一体化させた、開閉がスムーズにできるファスナーだ。また、ファスナーテープが無い分軽量化されているのもポイントだ。

■ゴアテックス ヌプシジャケット

 ダウンアウターの「ゴアテックス ヌプシジャケット」には、高度な洗浄技術により汚れを除去したクリーンなダウンに、身体が発する遠赤外線のエネルギーを利用して保温効果を発揮する光電子をブレンドした中綿を採用。表地には、軽量かつ撥水性に優れた「ゴアテックスインフィニアム インシュレイテッドシェル」が用いられている。

 アイコニックな肩の切り替えや、袖裏の、耐摩耗性を考慮したビーズ転写など、ディテールにも注目。バッフルの縫製はフラットなシームシーリング加工を施した後に接着することで、縫い目からの水の侵入を防ぎつつ、ダウン抜けも抑えるように仕上げている。

■ゴアテックス デナリジャケット

 「ゴアテックス デナリジャケット」は、優れた防風性・透湿性を持った「ゴアテックスインフィニアム ソフトラインド シェル」を採用したフリースジャケット。裏起毛による保温性と、軽やかさ、革素材のようにしなやかな風合いが特徴だ。また、肩の切り替え部分や、袖裏のエルボーパッチには、定番商品でも使用している撥水素材を使うことで、摩耗に耐える仕様となっている。

【詳細】
ザ・ノース・フェイス 新作ジャケット
発売日:2019年10月25日(金)
取扱店舗:ザ・ノース・フェイス スタンダードザ・ノース・フェイス スタンダード 二子玉川ザ・ノース・フェイス スタンダード 京都ザ・ノース・フェイス スタンダード 広島ザ・ノース・フェイス+ 札幌ファクトリー店ザ・ノース・フェイス 堀江店ザ・ノース・フェイス 福岡店
・ゴアテックス ヌプシジャケット 88,000円+税
・ゴアテックス デナリジャケット 55,000円+税

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードザ・ノース・フェイス

広告

広告

写真で見るニュース

  • クリスタ長堀の「クラペロ」のオープンイメージ(クリスタ長堀発表資料より)
  • JPL Small-Body Database Browserによる11月18日の「2019UR2」軌道。ここで見ると、地球とほぼ重なっていることが分かる。 (c) NASA
  • 2021年の量産開始が見込まれるメルセデス・ベンツ・eアクトロス(画像: ダイムラー社発表資料より)
  • 洛北阪急スクエアのイメージ(阪急商業開発の発表資料より)
  • トヨタ・ライズ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 「GALAXY CRUISE」の画面イメージ。(c)国立天文台
  • 太陽圏を脱出し星間空間へと到達したボイジャー探査機 (c)  NASA/JPL-Caltech
  • 2019年元旦の初日の出。(画像: 全日空の発表資料より)
  • 「ペット&スパホテル伊豆ワン」の館内コミュニティサロン。(画像: リソルホールディングスの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース