富士フイルム、成長領域の重点強化で営業利益の連続最高益更新へ挑む

2019年10月6日 15:12

小

中

大

印刷

(c) 123rf

(c) 123rf[写真拡大]

写真の拡大

 富士フイルムホールディングスは9月30日、医療情報システムメーカーの横河医療ソリューションズを横河電機から買収し、100%子会社とすると発表した。

【こちらも】ドコモ、顧客サービス強化と5Gによる付加価値向上により成長継続を目指す

 富士フイルムはさまざまな医療IT製品を世界中に提供しており、この買収により医療ITシステムのラインナップを拡充し、AI技術の開発に生かすことにより、医師の更なる業務効率化を支援することを目指す。

 富士フイルムは1934年、写真・フィルム製造の国産化計画に基づき、大日本セルロイドの写真フィルム部の事業を分離・継承して設立された。

 戦後は占領下での映画用フィルムとX-レイフィルムの生産再開からカラーフィルムの開発、カメラ事業への進出を果たし、1960年代には総合写真感光材料メーカーとして日本で圧倒的な地位を確立した。

 2006年には持株会社制へ移行して富士フイルムホールディングスとなり、デジタル化の進展による写真フィルムの激減に対応し、成長領域への業態大転換を進めている。

 2019年3月期の売上高は、2兆4,315億円。構成比はカラーフィルム、デジタルカメラ、光学デバイスなどのイメージングソリューション分野が15.9%、印刷関連のグラフィックシステム、記録メディア、メディカルシステム、ディスプレイ材料、産業機材などのヘルスケア&マテリアルズソリューション分野が42.7%、事業所向けの複合機、プリンター事業、デジタル印刷機などのドキュメントソリューション分野が41.4%と、幅広い事業フィールドを持つ富士フイルムの動きを見ていこう。

■前期(2019年3月期)実績
 前期売上高は2兆4,315億円(前年比0.1%減)、営業利益は前年よりも865億円増の2,098億円(同70.1%増)で、過去最高を更新した。

 営業利益増加の要因としては、バイオ製造受託の好調によりヘルスケア&マテリアルズが62億円、収益性の改善と構造改革によりドキュメントが880億円の増益。一方イメージングが47億円、全社調整が30億円の減益であった結果だ。

■今期(2020年3月期)計画で連続最高益更新へ挑む
 今期を最終年度とする中期計画を修正し、売上高は中計より1,200億円減の2兆4,800億円(同2.0%増)、営業利益は中計より100億円増で最高益更新となる2,400億円(同14.4%増)を目指して、事業フィールド別に成長領域を重点強化する。

 1.イメージング:売上高4,000億円、営業利益530億円
 ・フォトイメージング: インスタントカメラ「チェキ」関連の拡販。
 ・電子映像、光学デバイス: 高級ミラーレスカメラのシェア1位とレンズビジネス拡大。

 2.ヘルスケア&マテリアルズ: 売上高1兆700億円、営業利益1,090億円
 ・医薬品、バイオ受託製造: 新薬開発とバイオ受託製造能力拡大。
 ・再生医療: 創薬支援事業拡大と再生医療の開発加速。
 ・メディカルシステム: 医療機器ラインナップの強化と新興国市場向け製品の開発。
 ・ライフサイエンス: 生活習慣病予防、エイジングケアなどの機能性表示食品投入。
 ・電子材料: 製品ラインナップの拡大。
 ・産業機材: 橋梁などの点検サービス事業へ参入。

 3.ドキュメント: 売上高1兆100億円、営業利益1,190億円
 ・プロダクションサービス事業: インクジェットと印刷アプリケーションの強化。
 ・ソリューション&サービス事業: オフィスデータの生産性改革など新たな価値創造。

 更なるイノベーションの推進により、継続的な成長を目指す富士フイルムの動きを見守りたい。(記事:市浩只義・記事一覧を見る

関連キーワードミラーレスデジタルカメラ富士フイルムヘルスケア買収再生医療

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース