大阪・ヨドバシ梅田タワーの商業施設「リンクスウメダ」、11月16日オープンへ

2019年10月2日 21:00

小

中

大

印刷

ヨドバシ梅田タワーの完成イメージ(ヨドバシホールディングス発表資料より)

ヨドバシ梅田タワーの完成イメージ(ヨドバシホールディングス発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ヨドバシホールディングスは、大阪市北区のJR大阪駅北口で建設中の複合施設ヨドバシ梅田タワーに設ける商業施設「リンクスウメダ」を、11月16日にグランドオープンさせることを決めた。9フロアに約200店舗が入る地域最大級の施設で、全フロアで隣接するヨドバシカメラマルチメディア梅田に接続される。

【こちらも】大阪梅田で建設中のヨドバシ梅田タワー、商業施設名が「リンクスウメダ」に

 ヨドバシ梅田タワーは地下4階、地上35階建て延べ約11万平方メートル。地下1階から地上8階がリンクスウメダ、地上9階から35階が約1,000の客室を持つホテル阪急レスパイア大阪、地下2階から4階が約400台収容の駐車場となる。

 このうち、リンクスウメダは地下1階にスーパー、食物販店を集めた「リンクスマルシェイート&ウォーク」、粋な飲み屋20店以上が集結する「おいしいもの横丁」が登場。近鉄グループの近商ストアがスーパーの「食品専門館ハーベス」、明治屋の関西初出店となる飲食物販店「明治屋PROVISIONS&WINES」などがお目見えする。

 グランドフロアの1階はユニクロがヨドバシ梅田7階から店舗を移転し、現在の約2倍となる約2,300平方メートルの売り場面積で営業する。新たにキッズ商品や大型店限定商品の販売を始める予定。

 ファッション、スポーツ、ビューティーのフロアとなる2階には、ともに大阪初出店となる靴の「アートスポーツ」、現代のバザールを体現する「ボンバザール」に加え、トータルビューティーショップの「アインズ&トルペ」が大阪エリアの旗艦店として登場する。

 このほか、5階にはミキハウスが、全国初出店となるベビー&キッズウエアブランド「HOT BISCUITS」のテナントショップをオープンさせるのをはじめ、幼児向けフィットネスクラブの「My Gym」など関西初出店の店舗が登場する。5階にはアミューズメント施設の「モーリーファンタジー」がオープンし、7階にはニトリが約2,600平方メートルの売り場面積でライフスタイル提案型店舗を設ける。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードユニクロヨドバシカメラ梅田(大阪府)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 発見されたビクラムの破片。(c) NASA/Goddard/Arizona State University
  • (c) 123rf
  • 前主系列星の進化の模式図。ガス雲の中心で赤ちゃん星(原始星)ができると、原始星に向かって落ち込む(降着する)ガスの一部は円盤(原始惑星系円盤)を作り、ガスが恒星表面に向かって公転しながら降着する。この時、中心星の近くにあるガスの一部は、双極方向のガス流として星間空間へ放出される。その後、原始惑星系円盤の中で惑星を形成する材料である微惑星と呼ばれる小天体が形成され、やがて、微惑星同士の合体によって惑星が形成される。(画像: 京都産業大学の発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン
  • 「ネオトーキョー ミラーカム」。(画像:モジの発表資料より)
  • さんすて岡山飲食ゾーンのイメージ(JR西日本など発表資料より)
  • 使用されているスーパーコンピュータ(画像: IBMの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース