大阪梅田で建設中のヨドバシ梅田タワー、商業施設名が「リンクスウメダ」に

2019年7月22日 19:09

小

中

大

印刷

ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)

ヨドバシ梅田タワーのイメージ。(ヨドバシホールディングス発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ヨドバシホールディングスは19日、大阪市北区のJR大阪駅北口で建設中の複合施設ヨドバシ梅田タワーに設ける商業施設の名称を、「LINKS UMEDA(リンクス ウメダ)」に決定したことを発表した。地下1階から地上8階までの9フロアに約200店舗が入る地域最大級の施設で、大阪キタの新たなランドマークとして今秋開業する。

【こちらも】ヨドバシ梅田タワー、阪急阪神ホテルズが大阪市内最大級で出店

 リンクスの名称は「ヨドバシカメラとリンクする」、「さまざまな目的を持つ家族や友人がリンクする」、「梅田の街とリンクする」などたくさんのリンクが生まれる場所という意味を込めた。

 ヨドバシ梅田タワーは地下4階、地上35階建て延べ約11万平方メートル。地下1階から地上8階が商業施設のリンクスウメダ、地上9階から35階が約1,000の客室を持つホテル阪急レスパイア大阪、地下2階から4階が約400台収容の駐車場となる。

 このうち、商業施設のリンクスウメダは延べ床面積が約5万3,000平方メートル。各階で隣接する既存のヨドバシカメラマルチメディア梅田に接続される。具体的な店舗名は公表されていないが、出店する店舗数はアパレル、雑貨、飲食、食物販、サービスなど約200。アウトドア、インテリアなどのショッピングエリア、ファミリー向けの大型キッズエリアなどが予定され、ヨドバシカメラを核にした巨大商業施設が登場する。

 地下1階には粋な飲み屋を集めた横丁と梅田地区最大級のスーパーマーケットを置き、食のメッカとする。8階は世界でコミュニティ型のワークスペースを展開するWeWorkがオープンし、互いに刺激を与えられるコラボレーション環境を提供する。ワークスペースで仕事をしたあと、ヨドバシコムで注文すれば必要な商品を30分後に24時間窓口で受け取れるサービスも提供する。

 ヨドバシ梅田タワーの外周はJR大阪駅や複合施設のグランフロント大阪、大阪ステーションシティなどと結ぶペデストリアンデッキが整備され、JR大阪駅周辺の利便性を向上させる。(記事:高田泰・記事一覧を見る

関連キーワードコラボレーションヨドバシカメラグランフロント大阪

広告

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース