建設技術研究所が年初来の高値、千葉・房総の台風災害を受け防災関連銘柄として脚光

2019年9月18日 12:48

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■自動運転に関する「可能性調査」や映像コンテンツでの取組も注目される

 建設技術研究所<9621>(東1)は9月18日、3日続伸基調となって年初来の高値に進み、後場は1654円(28円高)で始まった。土木建設事業に関する企画、調査、計画、設計、および事業監理などを行う総合建設コンサルタントで、千葉県・房総地方での台風災害を受け、防災関連銘柄としての注目が再燃している。

 9月18日付で、グループ会社・CTI新土木が撮影協力を行ったNHK総合テレビの動物・生物ドキュメンタリー番組「ダーウィンが来た!」の今年3月放送分「同・生きもの新伝説、落ちたら最後!アリジゴク」が、10月1日、8日、あらためてNHK「BS4Kチャンネル」で放送されると発表した。市場関係者の中には、「映像コンテンツの分野でも技術力を発揮する一面が理解できた」と注目し直す様子もある。

 また、8月下旬には、自動運転に関する地域の課題を解決すべく、サービスの自治体が発注する「事業可能性調査」に積極的に対応する様子が建設工業新聞で伝えられた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
ケイアイスター不動産は戻り試す、20年3月期増収増益予想で1Q順調(2019/08/22)
綿半ホールディングスは調整一巡、20年3月期1Q減益だが2Q以降の挽回期待(2019/08/22)
アスカネットは調整一巡、20年4月期微減益予想だが保守的(2019/08/22)
フェローテックホールディングスは下値固め完了、20年3月期最終大幅増益予想(2019/08/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング