Apple、「子ども向け」アプリに他社の広告や分析機能認める 条件付きで

2019年9月16日 12:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 日本語版にはまだ反映していないが、AppleがApp Store Reviewガイドラインを改訂し、限定的な条件付きで「子ども向け」カテゴリのアプリに他社の広告や分析機能組み込みを許可する文言を追加した(The Next Webの記事Mac Rumorsの記事)。

これまで「子ども向け」カテゴリのアプリでは他社の広告や分析機能の組み込みが禁じられていた。改訂版でも基本的には変わりないものの、他社の分析機能については広告IDやユーザー・デバイスを特定可能な情報をサービスが収集しない、という条件で認められる可能性がある。他社によるコンテンツ連動型の広告についても、表示する広告が年齢に適しているかどうかを人の手で確認することを含む、子ども向けカテゴリのアプリ用のプラクティスやポリシーに関する文書を公開しているという条件で認められる可能性がある(1.35.1.4)。

改訂版ではこのほか、アカウント設定に他社のログイン機能やソーシャルログイン機能のみを使用するアプリに対し、Appleアカウントを使用するログインオプションの実装を義務付ける「Sign in with Apple」の項(4.8)が追加されている。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | 広告 | アップル | デベロッパー | iOS | プライバシ

 関連ストーリー:
App Storeのガイドライン違反で削除されたペアレンタルコントロールアプリ、機能が制限されることなくApp Storeに復活 2019年07月14日
Apple、ペアレンタルコントロールアプリでのMDM使用を認めるガイドライン変更 2019年06月08日
TumblrアプリがApp Storeから突然消えた理由は児童ポルノ 2018年11月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードApple

広告