スポーツカーの最高馬力は700馬力標準? ポルシェ・カイエンPHEV、680馬力で登場

2019年8月23日 17:20

小

中

大

印刷

 ポルシェがEVに移行する流れの中で、新たな旗艦モデルを発表した。カイエンのPHEVだ。かつての「スーパーカー」をはるかにしのぎ、半世紀前の「トヨタ7」「日産・R381」などのレーシングカーに並ぶ最高馬力を得ている。しかも、低速回転から強力なトルクを発揮するターボチャージエンジンとモーターの組み合わせであると、トラック以上の発進時の扱いやすさがあるであろう。

【こちらも】ポルシェ、ブランドの尖兵「カイエン」のパワフルなPHEVモデル 日本正式発売

 ポルシェ・カイエンはSUVで、パッケージングされたデザインは全面投影面積が大きい。強烈な空気抵抗であると予測されるのだが、300km/hに迫る最高速は驚きと同時に、「省エネを求める現代にふさわしいのか?」と疑問を感じてしまうのは、私一人ではないだろう。

 一方、ポルシェ・タイカンEVについてはテストが進んでいる。間もなく実用車として登場するのであろう。600馬力に達するだろうと言われるが、モーターである。だから、その加速力は強烈であろう。ポルシェ・911シリーズなどと比較すると、運転は極めて易しく、「アクセルを踏めば速度が出る」と言ったスポーツカーとなっているのだろう。

 新たに発表された「カイエン ターボS Eハイブリッド」と「カイエン ターボS Eハイブリッド クーペ」は、4リッターV8ツインターボ、最高出力550psのエンジンに最高出力136psのモーターを組み合わせたパワーユニットだ。プラグインハイブリッド車に仕立て上げてきた。エンジンと8段ATとの間にモーターをレイアウトして、システム総合で最高出力680ps、最大トルク900Nmを発生する。性能については、最高速が295km/h、0-100km/hまでの加速のタイムが3.8秒で、強力すぎる。モーター駆動のみでの最高速は135km/hに制限されている。それでも、日本市場では十分すぎるパフォーマンスだ。

 駆動用バッテリーの容量は14.1kWhで、一充電あたりの航続可能距離は40km。平均燃料消費量(NEDC)は、約25.6~27.0km/リッターとなるようだ。クーペボディーもあるようだが、スーパースポーツカーの姿としてはSUVのため空気抵抗が強いであろう。ポルシェはポルシェらしく、現代の燃費問題を生き抜くのだろう。しかし、PHEVで登場したことは、ポルシェもまだEVに絞り込んだわけではないようだ。(記事:kenzoogata・記事一覧を見る

関連キーワードSUVプラグインハイブリッドポルシェ

広告

広告

写真で見るニュース

  • CX-30(写真:マツダ発表資料より)
  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース