減資による「中小企業化」の事例が増える

2019年8月19日 22:15

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ここ最近、資本金の減資を行う小売業者が増えているそうだ(共同通信日経新聞)。帝国データバンクによると、今年1~7月に減資した小売業は412社。10月に予定されている消費税増税では家系への影響を抑える軽減策としてポイントによる還元が検討されているが、その対象が資本金5000万円以下の中小企業であることから、減資によって中小企業になる企業が増えているという。

 なお、最近ではIT企業でも資本金を引き下げる動きがあり、たとえば今年2月、ドワンゴが約105億円の減資を行って資本金を1億円とすることを発表した(CNET Japan)。資本金を下げることで「中小企業化」することで税務上のメリットがあることからこのような動きが起きているようだ(ITmedia)。

 スラドのコメントを読む | ビジネス | お金

 関連ストーリー:
シャープ、「中小企業化」を諦める 2015年05月13日
シャープ、資本金を1億円に減資する方針を決める 2015年05月11日
GTAを開発する英Rockstar Northは法人税を納付していないだけでなく、多額の給付金を受けている 2019年08月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード消費税増税帝国データバンク中小企業

広告