Google Chrome 77、URLバーのEV証明書で組織表示を廃止へ

2019年8月14日 10:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 現在Google ChromeやFirefoxなどでは、Extended Validation証明書(EV証明書)を使ったHTTPSでの接続時に、その証明書の発行先組織名がブラウザのURL欄に表示されるようになっている。しかし、Googleは今後この表示をやめる方針だそうだ(ぼちぼち日記Chromeリポジトリの解説文書)。

 これによると、今後はEV証明書を使ったサイトにおいても、URL欄にはその証明書は表示せず、表示される鍵アイコンをクリックして表示されるポップアップ内にその組織名を表示する方式になるという。

 Googleはこの変更に向けて大規模フィールドテストを行っており、その結果URL欄での組織名表示は効果がないという結論に至ったそうだ。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ビジネス | Chrome | セキュリティ | インターネット

 関連ストーリー:
Microsoft、無害なファイルがマルウェアと誤検知されるのを避けるための対策を紹介 2018年08月22日
上場企業やgo.jpドメインでもLet's Encryptのサーバ証明書の利用が広がる 2018年06月07日
EV証明書を使用して既知の企業になりすませる可能性が指摘される 2017年12月16日
Mozilla、Symantecが発行した証明書の信頼性回復に関する議論に参戦 2017年05月05日
みずほ銀行のWebサイト、再びHTTPSでのアクセスが可能に 2015年04月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleChromeFirefox

広告